3つの副作用を解説!コンブチャクレンズが身体に与える影響とは?

「コンブチャクレンズって副作用は大丈夫なの?」

やはり身体の中に取り入れるものですから、副作用は心配ですよね。

私もコンブチャクレンズの副作用が心配だったので、副作用について詳しく調べてみることにしました。

するとどうやら、コンブチャクレンズには副作用に影響しそうな3つの要素があることがわかりました。

具体的にどんな要素なのか?また、身体への影響は大丈夫なのか?

今回はコンブチャクレンズの副作用について解説していきます。

 

コンブチャクレンズで副作用に影響しそうな3つの要素とは?

副作用に影響しそうな3つの要素とは何なのか?ということですが、次の3つの要素があります。

  • 保存料の影響
  • 原材料のアレルギー
  • ファスティングの好転反応

では1つずつ見ていきますね。

 

コンブチャクレンズの副作用①:保存料の影響

まず1つ目の副作用が保存料の影響です。

コンブチャクレンズには保存料として「安息香酸ナトリウム」という成分が含まれています。

実はこの安息香酸ナトリウムは配合量に注意が必要な発ガン性物質なんです。

関連記事:【トラブルに要注意?】コンブチャクレンズには癌の危険性が!?

発ガン性物質と聞くと、「ウソ…」と思うでしょう。

ですがこの安息香酸ナトリウムは、私たちの身の回りにはありふれた成分なんです。

  • 炭酸飲料
  • 化粧品
  • 食料品

など、身の回りのたくさんの製品で安息香酸ナトリウムは使われています。

それだけ安息香酸ナトリウムは保存料として重宝されているということなんですね。

「でも本当に大丈夫なの?」

こう思うかもしれません。

ですが、安息香酸ナトリウムは少量であれば、身体には影響のない成分なんです。

念のためコンブチャクレンズのサポートセンターにも問い合わせてみましたが、やはり安息香酸ナトリウムの安全性については問題ないとのことでした。

安息香酸ナトリウムは少量なら身体への影響はないとのことです。

ということで、副作用の要素の1つ目である安息香酸ナトリウムについては特に問題ないことがわかりました。

 

コンブチャクレンズの副作用②:原材料のアレルギー

次に2つ目の副作用が原材料のアレルギーです。

コンブチャクレンズではいろんな食材を使っていますから、人によってはアレルギーを起こす可能性もあるかもしれません。

特に植物発酵エキスに含まれる以下の食材の中で、アレルギーのものがあれば注意してください。

りんご、オレンジ、バナナ、キウイフルーツ、ゴマ、カシューナッツ、大豆、やまいも

それそれの食材は量としては少ないかもしれませんが、アレルギー持ちの方は注意してくださいね。

 

コンブチャクレンズの副作用③:ファスティングの好転反応

最後に3つ目の副作用がファスティングによる好転反応です。

3つの副作用の中では、この好転反応が可能性として一番あるかもしれません。

コンブチャクレンズでファスティングをすると、好転反応と呼ばれる身体の不調が起きる可能性があります。

症状としては以下のようなものですね。

  • 頭痛
  • めまい
  • 身体のだるさ
  • 便秘
  • 下痢

こういった症状が起きる可能性はありますが、実はこれらの症状ってデトックスが促進されている証拠でもあるんです。

なので身体にとってはむしろいいことなんですよ。

もし症状が辛いようでしたら、水を2ℓ以上飲んで症状を緩和させるといいでしょう。

ファスティングの好転反応は副作用として起こり得ますが、身体にはいいことなのでプラスに考えてくださいね。

 

コンブチャクレンズの副作用についてのまとめ

今回はコンブチャクレンズで副作用の影響がありそうなものとして、以下の3つを解説しました。

  • 保存料の影響
  • 原材料のアレルギー
  • ファスティングの好転反応

この中で一番起こりそうなのはファスティングの好転反応でしょうね。

コンブチャクレンズでファスティングをやってみたいという人は、好転反応が起こる可能性があることだけは頭に入れておくといいでしょう。

ただ、好転反応はデトックスが進んでいる証拠でもあるので、ネガティブに捉えないでプラスに捉えてくださいね。

ちなみにネット上の口コミを見ても、コンブチャクレンズで身体に異常が出たという声はありません。

コンブチャクレンズは健康食品ということで、やはり安全に飲めるということですね♪

初回1,000円で始められるコンブチャクレンズ

>>コンブチャクレンズの価格比較はこちら