【トラブルに要注意?】コンブチャクレンズには癌の危険性が!?

コンブチャクレンズのウワサでは、一部で「癌の可能性がある」といった声も存在します。

そして意外にも「コンブチャクレンズ 癌」とネットで調べる人がたくさんいるようです…

もちろんあなたもコンブチャクレンズのリスクに関しては、きちんと知っておきたいですよね。

「もしかしてホントに癌のリスクがあるの!?」

コンブチャクレンズを口にするわけですから、心配になるのが普通だと思います。

ということで今回はコンブチャクレンズと癌の関連性を調査してみました!

 

コンブチャクレンズで癌の危険性なんて本当にあるの?

コンブチャクレンズではどうして癌のウワサが広まっているのでしょうか?

この原因はどうもコンブチャクレンズに配合されている保存料が影響しているようです。

コンブチャクレンズでは品質を保つために「安息香酸ナトリウム」という保存料を配合しています。

この安息香酸ナトリウム、実は発がん性物質だって知ってました?

「えっ、発がん性物質!?」

ひょっとしたら一瞬ドキっとしたかもしれません。

しかし、コンブチャクレンズに配合されている安息香酸ナトリウムは、量で言えばほんの少しなんです。

一応カスタマーサービスにも確認してみましたが、このような回答をいただきました。

コンブチャクレンズでは「人体に影響がない少量の安息香酸ナトリウムを使用している」との回答でした。

これなら安心してコンブチャクレンズを飲むことができます♪

ところで安息香酸ナトリウムは、身の回りのいろいろな商品に含まれているってご存知でした?

  • 炭酸飲料
  • コスメ用品
  • 食料品

などなど、意外にも安息香酸ナトリウムというのは、身近なものに含まれていると言えます。

そして当然ですが、それぞれの商品に配合されている安息香酸ナトリウムの量は、人体に影響のないごく少量です。

安息香酸ナトリウムは発がん性物質とは言っても、量さえきちんと守ればリスクの少ない成分ですし、保存料として無くてはならないものなんですね。

コンブチャクレンズに配合されている安息香酸ナトリウムも、保存料として無くてはならない成分なんですよ。

なので、癌についていろんなウワサが出回っていますが、心配せずに飲んでくださいね!

 

コンブチャクレンズで癌よりも心配なのはコレ!

コンブチャクレンズには発がん性物質が配合されているとは言え、その量は極めて少量ですから、安全性に関しては心配ないのが理解できたのはないでしょうか?

しかし、私としてはコンブチャクレンズには癌よりも心配な部分があると思っています。

それは何なのかと言うと、コンブチャクレンズの飲みすぎです(笑)

コンブチャクレンズはマンゴー味がおいしすぎて、ゴクゴク行けちゃうんですよね!

その手軽さゆえに、1杯飲んだら禁断の2杯目に手を出してしまいそうな勢い…

けれど、コンブチャクレンズのカロリーは46.8kcalですので、もう1杯となると倍の100kcal近くを摂取することになります。

「飲みやすいからもう1杯だけ…。しかし、飲みすぎては…」

このようなモヤモヤ状態をあなたは体験するかもしれません…(笑)

そんなわけでカロリーオーバーには気を付けて、コンブチャクレンズを飲むようにして下さいね。

コンブチャクレンズ中毒に要注意です!

初回1,000円で始められるコンブチャクレンズ

>>コンブチャクレンズの価格比較を見る